Blog

ガン・リウマチ・アトピーの施術による克服体験談を執筆

同じような難病に苦しむ方々の力になれるよう許可をいただき紹介

難病として認知されているガン・リウマチ・アトピーなどは、完治とまではいかなくともうまく付き合うことで楽しく暮らしているといった人もたくさんいらっしゃるかもしれません。しかしながら、もし改善できるのであればそれに越したことはないと考える方がきっと大半なのではないでしょうか。そのような方々に、エネルギー療法や鍼灸などの施術を神戸で受けたことで、ガンや自己免疫疾患を克服された体験談を、許可をいただいた上でコラム記事を通してご紹介いたします。

  • 漢方医学の脈診で施術

    治療家の立ち位置|神戸市 南はり灸院

    2021/11/29
    病を治すのは、医師か?治療家か?否、否!!両方とも違います。自然治癒力が発動し、患者さまが元氣を回復され、疾病治癒してゆく。病を治す力は、元々患者さまの中にすべてあり、治すのを決めてゆく...
  • DSC_0195

    お灸再考すべし。痛風も膵臓膿胞癒し、骨折も...

    2021/11/25
    一口にお灸と言っても様々なお灸の仕方があります。 もぐさを使って直接ツボにすえるお灸だけではなく、こんにゃくを温めて身体を温灸効果で活性させるものや特殊な温熱器を使うもの、 琵琶場を使って...
  • IMG_0270

    自然治癒力を活性化させる鍼の条件とは(3)...

    2021/11/25
    自然治癒力や免疫力、体力を向上させる鍼灸術は、経絡という体の内外を縦横無尽に張り巡らされたネットワーク上に、氣の生命エネルギーが調和的に和合して流れさせることが重要であり、それには、刺さ...
  • 漢方医学の脈診で施術

    自然治癒力を活性化させる鍼の条件とは(2)|...

    2021/11/23
    前回、刺さない鍼が何故、必要なのかということを極々簡単に書きました。では刺す鍼は必要ないのかというと全くそんなことはなく、身体に中に停滞して悪さを起こしている余分な氣、これを伝統的には邪...
  • 刺さない鍼で氣エネルギーを補う

    自然治癒力を活性化させる鍼の条件とは(1)...

    2021/11/22
    鍼は一般的には,すべて皮膚や筋肉に刺すものと認識されていると思われますが、実は”鍼は刺すもの”という認識は一部分を示すものであり、これは正確ではないです。また、”鍼を刺す”という意味ですが、...
  • 漢方医学の脈診で施術

    がんの鍼灸治療について|神戸の南はり灸院

    2021/11/22
    当、南はり灸院は、神戸市で1999年から開業している鍼灸院で、がんを患う患者さん達もご来院いただいております。当院の特色は、個々の患者様ご自身の自然治癒力(自己治癒能力、免疫力)を最大限...
  • DSC_0260

    ホームページを開設しました

    2021/11/22
    ホームページを開設しました。様々な情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。

記事検索

NEW

  • びわの種、枇杷の葉などのエキスの抗がん作用。例、アミグダリン点滴

    query_builder 2022/02/05
  • query_builder 2022/02/05
  • わたしが日々、癒しの道(鍼灸、整体)を生きるのは・・|南はり灸院 |神戸市

    query_builder 2021/12/26
  • 当院が皆様に選ばれる理由|神戸市 南はり灸院

    query_builder 2021/12/21
  • 腎臓がんの術後、抗がん剤を使わず、免疫力を高める!!|神戸市の南はり灸院

    query_builder 2021/12/16

CATEGORY

ARCHIVE

世の中には難病と認識されている不調が数多ございますが、探すとその難病を克服したといった体験談が出てくることもあります。似た不調を抱える方々にとって、その克服体験談は非常に重要な価値を持つ情報となり、もしその方の難病の原因がその体験談の方と近い場合は、もしかしたらそのまま解決の方向へ進むこともあるでしょう。院長の下にはガンや、自己免疫疾患であるアトピーやリウマチなどで悩む方も多くご来院され、そして改善へと進んでご帰宅されるケースも多くございます。

そこで、似た不要に悩む方々の参考例になれればと、ガン・アトピー・リウマチなどをエネルギー療法などのオーダーメイドでの施術プランで克服されたお客様の体験談について、許可をいただいた上でこの場でご紹介いたします。そして近い将来、このコラムを読んだ方々が、似た不調を克服できるよう祈っております。